キリストの愛と聖書の救いをあなたにお伝えする堺キリスト集会(教会)

MENU

おおきな木

  • HOME »
  • おおきな木

おおきな木

おおきな木

regwjl9l_s-thumb

むかしりんごの木があって この木は”少年”と大の仲良し

zzrchlco

母親といっしょにいるだけで安心できる
子どものように木といっしょにいるとき
”少年”は自由で幸せだった

やがて歳月は流れて小さかった”少年”は大人になっていき

jivlv76a

「買い物をしたい、おまえ僕におこづかいをくれるかい?」

fkgu2kuv

木は言った
「私のりんごをもぎ取って町で売ったらどうだろう
それで 楽しくやれるでしょう」
それから長い間”少年”は来なかった

20swlw0_

「結婚するんだ家がいる 家をくれるかい?」

w_ccyibw

「私の枝をみんな切り取ってもってお行きよぼうや」
だが”少年”はまた 長い間来なかった

mk4ivlrt

「どこか遠くへ行きたい
おまえ 僕に舟をくれるかい?」

6dnbrzqq

「私の幹を切り倒し舟をお造りよ」
木はそれでうれしかった
長い歳月が過ぎ去って・・・・・

gqulqms4

「ごめんねぼうや
私にはあなたにあげられるものは何もない
今の私はただの古ぼけた切り株だから」

「欲しいものは何もない
ただ 腰を下ろす場所さえあれば
わしはもう 疲れた
疲れ果てた」

wj7gedru

「ああそれなら
それならこの古ぼけた切り株がちょうどいい
さあぼうや 腰かけて 腰かけてお休みよ」
”少年”はそれに従った

木はそれでうれしかった

「おおきな木」より引用
作/絵:シェル・シルヴァスタイン 出版社:篠崎書林

 

肩の力を抜き、足を投げ出し、疲れたたましいを放り出し、
ありのままの姿と心で休める場所を、
私たちは持っているでしょうか。
何でも買えるたくさんのお金、暖かな家、
取り巻く環境から逃げ出すことが出来る舟。
”少年”はこころのおもむくまま、一つ求めるたびに
年をとり、自分のいのちさえも削っていることに
気がついてはいなかったのです。
求めるものがなくなった時、その心はむなしく
居場所を失い、淋しいものではないでしょうか。
しかし”少年”には、彼を待ち続けている居場所がありました。
すべてのものを与え尽くした、この古びた切り株は
”少年”が帰るべき居場所だったのです。

イエス・キリストこそ、まさにこの大きな木のように、
私たちに、安息をくださるお方なのです。
少し立ち止まって、私たちの”たましいの休み場”を
見いだしてくださいますように。

すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、
わたしのところに来なさい。
わたしがあなたがたを休ませてあげます。
−イエス・キリスト−

お気軽にお問い合わせください TEL 072-237-3392

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 堺キリスト集会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.